この歳に結婚した理由はあの息子がいたからだった… 遠田恵未

恵未はバツイチ子持ち。恵未の職場に常連として来ていた年下の男と恋仲になり、愛を育んでいた。しかし娘から、年下男との付き合いを反対された、恵未は悩んだが、ある事で知り合ったバツイチ子持ちの男性と結婚した。男性の息子との顔合わせの時、初めましてという恵未の目の前には、あの年下男が座っていた。そう、どうしても年下の彼と一緒に暮らしたかった恵未は彼の父と結婚したのだった。念願叶って4人で暮らしが始まった。夫が寝静まった夜、久しぶりに彼に抱かれた恵未。声の出せない状況、静かに体を重ね合い、愛を確かめ合った。それから何日経っただろうか、恵未は彼と愛し合えずにいた。近くにいるのに互いに触れ合えない事に恵未は我慢できなくなっていた。そんな折、家族でお酒をいただき楽しい団欒。気がつけば夫も娘も酔いつぶれて寝てしまっていた。酔いつぶれた二人に対し、恵未は罪悪感で胸が締め付けられる思いだったが、彼に抱かれたくて仕方がない恵未は我慢できなくなりキスをしてしまう。そして二人が寝ている横で歓喜の喘ぎ声を上げてしあうのであった…