奴隷志願 13 痛みも苦しみも体を貫く全てが快感! 凛音とうか

新たな快楽を知るために、『凛音とうか』はとある部屋を訪れた。家主への忠誠を誓う首輪と抵抗を放棄する手錠。奴隷として生きていくことを望み、熱くたぎる身体を捧げていく。望んだはずの加虐的な刺激は端正な顔立ちに苦悶の色を刻む。情けをかけることなく繰り返される躾の中で少しずつ悦びを知り、日々激しさを増す調教の数々をためらうことなく受け入れる。誠意を込めた奉仕への褒美は濃密な精液。膣奥深くから全身へと染み渡る熱をかみ締めていく。痛みや苦しみの先にある快楽をただひたすらに求め続け、さらなる調教を懇願していく…。