昭和ロマン 麗しき19才巨乳未亡人は夫の借金のカタに悲哀でエロティックな歌を奏でる…

昭和の時代。19才という若さで未亡人となってしまった巨乳妻。夫が残した一軒家で一人、愛する人を偲んでいたのだが突如、乗り込んできた借金取りから夫の莫大な借金と裏切りの事実を聞かされる。借金のカタに躰を差し出す事となってしまった巨乳妻、心は嫌がるが、まだ若い体は疼くばかりで…。