父の罠に堕ちて くノ一恥辱の奥義

旅芸人の子として育てられた弓の実の父が忍者であると知り、自らも忍びの道を歩む。一度きりの密命を帯びて動く忍びである弓の今回の密命は、忍びの青葉源造のあじとへ潜り込み密書を奪うこと。潜入したところを捉えられた弓は、あらん限りの陵辱と忍従を強いられるが、その先にはさらに過酷な運命が待ち構えていた…。