喪服の艶未亡人 旦那の遺影の前で上司に犯される人妻

「奥さん、私は・・・ずっと前から・・・ご主人がまだ元気だった頃から・・・私はあなたを・・・女として見ていた・・・!・・・だけどあなたには私の部下という素晴らしい主人がいた。ですが今は・・・ご主人を亡くしたあなたの切なそうな顔を見るたび、私は心が痛い。・・・ご主人を安心させるために・・・分かりますか?・・・私の愛しいあなたの為なんです!!」