篠崎さん

いつも僕を叱ってくれて、それでも凄く優しくて…。そう言ってしまうと何処にでも居るごく普通の母さん。でも母さんは僕に特別な感情を抱いていて、僕が彼女の家へ行くと言ったら突然僕のズボンのベルトを外し始め…。